TECHNOS祭2017 〜百花繚乱〜 | TOPICS | 総合学院テクノスカレッジ

  • 東京工学院専門学校
  • 東京エアトラベル・ホテル専門学校
  • 東京工学院日本語学校

総合学院テクノスカレッジのホームへ

  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業様へ(求人票について)

体験入学 資料請求

▲ ページの先頭へ 資料請求 体験入学

Link

TECHNOS祭2017 〜百花繚乱〜

テクノスカレッジ学院祭 TECHNOS祭2017 〜百花繚乱〜

10月28日(土) 29日(日)にTECHNOS祭が開催されました。

- 抽選会 抽選結果 -

10月28日(土)、10月29日(日)に開催されました「2017 テクノス祭~百花繚乱~」にご来校ありがとうございました。
来場者数1300名越える方々にご来場いただき、おかげさまで大盛況に終わりましたことを御礼申し上げます。

10月29日(日)予定していました、抽選会ですが、台風接近に伴いステージ上での抽選会が中止になりました。
天候の都合とはいえ、楽しみにしていたお客さまにはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

当選番号に関して学院祭実行員が厳正なる抽選を行い、当選番号が確定しましたので発表いたします。

当せん番号、抽選券と商品の引換に関しての詳細は こちら

今年のテーマは
百花繚乱

百花繚乱の意味は「いろいろな花が咲き乱れること」です。
色んな学科の特色が咲き乱れ、それを活かした学祭にしたいという思いからこのテーマにしました!

本学院最大イベント「TECHNOS祭」。
企画運営や音響・照明・放送などすべて学生たちの手作り。
学科企画や有志による催し物、模擬店など盛りだくさん!!豪華ゲストを招いて行う野外ライブも人気企画の1つです。
お楽しみに!

ゲスト情報

28日(土)ゲスト
  • SiM (Silence iz Mine)
  • ニューヨーク
29日(日)ゲスト
  • lol

28日(土)ゲスト決定!!

※ 一般観覧について
ライブ会場内は無料エリアと有料エリアがございます。詳細はPDFをご覧下さい。
>>  SiMライブについての注意事項(112KB.)

TECHNOS祭ゲスト:SiMのチケット引換・当日券について

  • 事前に体験入学へお越しの「引換券」をお持ちの方
  • 高校生限定当日券をお求めの方
  • 本日12:00〜14:30の間、TECHNOS祭本部席にて引き換え・当日券配布を行います。
  • 引き換え券をお持ちの方は必ず引き換え券をお持ちください。
  • 引き換え券また、当日券をお求めの方は必ず学生証(身分証)をお持ちください。
  • 当日券は枚数に限りがあります。お並び頂きましても配布できない恐れがあるので予めご了承ください。
  • また、早朝からの整列・場所取りはお控えください。
  • TECHNOS祭開場の11:00より前にはお並びいただけませんのでお気をつけください。
SiM (Silence iz Mine)
プロフィール

SiM_logo.jpg

NAME : SiM (Silence iz Mine)
MEMBER : SIN (シン, Ba) / MAH (マー, Vo) / GODRi (ゴリ, Dr) / SHOW-HATE (ショウヘイト, Gt)
FORMED : Shonan, Kanagawa, Japan in 11/03/2004
STYLE : REGGAE PUNK (HARD CORE PUNK / NU-METAL meets SKA / REGGAE)
LABEL : EMI RECORDS (UNIVERSAL MUSIC JAPAN)
MANAGEMENT : gil soundworks

「極悪な轟音かつ難解でキャッチー」という究極の矛盾を成立させる湘南出身の4人組レゲエパンクバンド。

ハードコアパンク・ニューメタルとレゲエ、スカという対局に位置する音楽を独特のポップセンスで自在にミックスしたサウンド、攻撃的で反骨心溢れつつも言葉遊びを巧みに組み込んだ歌詞とクセのあるフックラインが特徴。
また独特の出で立ちと佇まい、抜群の求心力で瞬時にオーディエンスの心を掌握しタクトを振る姿でファンや他アーティストから「悪魔」と形容されるほどのカリスマ性を持つMAH、正確無比のテクニックを持つ上に楽器を振り回し、ステージを所狭しと駆け巡るSHOW-HATE、SINの弦楽器隊、骨太かつタイトなグルーヴとコーラスワークで屋台骨を支えるGODRiのドラムプレイが組み合わさる爆発的ライブパフォーマンスはもはや圧巻である。

MAH曰く「ライブハウスで生まれ、ライブハウスで育ち、ライブハウスで死んでいくバンド」としながらも日本武道館や横浜アリーナでの大箱単独公演をソールドアウトさせ、1万人規模の野外フェス「DEAD POP FESTiVAL」の主催、また全国各地の大型野外ロックフェスでヘッドライナーを務めるなど名実共にロックシーンを「内側からぶっ壊す」存在にまで昇り詰めたSiM。

幾度のメンバーチェンジや重病、所属レーベルからの解雇など度重なる試練を乗り越えライブバンドとしての地位を確立した彼らにもはや死角などない。

  • 04年 MAH、初期メンバーと神奈川・湘南にてSilence iz Mine結成
  • 05年 バンド名の頭文字を取りSiMに改名
  • 06年 SHOW-HATE加入
  • 08年 1st Al「Silence iz Mine」にてデビュー
  • 09年 SIN、GODRiが加入
  • 10年 渋谷Club Asiaにて「DEAD POP FESTiVAL」を初開催。(以後現在まで毎年一回開催中)
  • 11年 gil soundworksへ事務所移籍後発表した2nd Al「SEEDS OF HOPE」がスマッシュヒット。
  • 12年 mini Al「LiFE and DEATH」オリコン初登場9位を記録。「Amy」のMVでMAHが見せたツーステップをキッズ達がこぞって真似をする異常事態となり、現在ではSiMのみならず様々なライブ会場でのダンスの定番となった。同年発売の1st DVD「DUSK and DAWN」もオリコン3位を記録。盟友coldrain、HEY-SMITHと共に3マンイベント「TRIPLE AXE」を始動。
  • 13年 メジャーレーベル10社以上が競合した末ユニバーサルミュージックとの契約を発表。Sg「EViLS」、3rd Al「PANDORA」発売。
  • 14年 結成10周年を迎え、オリコン音楽チャート1位となった2nd DVD「10 YEARS」を発売。
  • 15年 神奈川県川崎市東扇島にて「DEAD POP FESTiVAL」野外開催を開始。ド派手な演出とセンターステージ、ダイブモッシュの解禁、エリアによるチケット代の変動制、更に"最初で最後"と銘打つライブバンドとしては前代未聞尽くめの日本武道館公演を開催。
  • 16年 4th Al「THE BEAUTiFUL PEOPLE」発売。全国26公演+ファイナルの横浜アリーナ単独公演の全てを即日完売させる。
  • 17年 3rd DVD「DEAD MAN WALKiNG」発売。9月、神戸ワールド記念ホールにて大箱での対バンイベント「THE EYEWALL NiGHT」を始動。
■HOST EVENT

DEAD POP FESTiVAL (http://DEADPOPFEST.com) (2010-present)
TRIPLE AXE (http://tripleaxetour.com/) (2012-present)
THE EYEWALL NiGHT(http://theeyewallnight.com/) (2017-present)

ニューヨーク

newyork171003.jpg
結成年月:2010年 01月

嶋佐和也(しまさかずや)
生年月日:1986年05月14日
身長/体重:168cm /58kg
血液型:O型
出身地:山梨県 富士吉田市

屋敷裕政(やしきひろまさ)
生年月日:1986年03月01日
身長/体重:174cm /63kg
血液型:A型
出身地:三重県 熊野市井戸町

29日(日)ゲスト決定!!

入場無料

InterFM897 TECHNOS COLLEGE Young Blood 公開収録&LIVE!!
MC:ユージ
出演ゲスト: lol
lol_photo.jpg

プロフィール

人を笑顔に、感動させるグループになりたい!という想いを込めた男女混成ダンス&ヴォーカルグループ。
2014年オーデションを経てそれぞれが夢を抱き出会いを果たしたこの5人がlolとして笑顔を届けるべく結成された。

メンバーは佐藤友祐、小見山直人、hibiki、honoka、moca。
全員がダンスとヴォーカルを担当。
さらにはモデルや俳優などマルチに活躍中。
2017年8月2日には1stアルバム「lolol」をリリース。

Special Contents

  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業様へ(求人票について)
  • 交通アクセス
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 体験入学
  • 学校見学

お電話でのご相談や資料請求・来校のご予約はこちらまで。

府中・小金井インテリジェントキャンパス / 〒184-8543 東京都小金井市前原町5-1-29
渋谷サテライトキャンパス / 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷5-30-16
総合学院テクノスカレッジ