AO入学エントリースタート!

NEWS

オープンキャンパス

インターナショナルウィーク

世界の同時代の学生たちと交流する2週間。

インターナショナルウィーク

世界の同時代の学生たちと交流する2週間。

テクノスカレッジ最大の国際交流イベント、テクノス・インターナショナルウィークが毎年6月に2週間、開催されます。
オックスフォード大学・ペンブロークカレッジ(イギリス)をはじめ、
アメリカ8校、ニュージーランド1校、台湾1校の名門11大学の教授や、選抜された優秀な学生たちが本校に滞在。
相互の体験授業や、学生が企画する各種イベントを通じて交流を深めます。
招待する学生や教員は日本をよく知る方々に限りません。
言葉も文化も違う人々と交流する中で互いを理解し、多様性の中で生きる力を養います。

国際力を高める2週間のプログラム【過去のスケジュール例】国際力を高める2週間のプログラム【過去のスケジュール例】

Day1

ウェルカムセレモニー&パーティ

Day2

富士山・河口湖見学 → 「みどりの村」へ移動

Day3

「みどりの村」レクリエーション・BBQ

Day4

ウェルカムセレモニー&パーティ

Day5

松本城見学 → 東京へ

Day6

歌舞伎レクチャー → 歌舞伎鑑賞

Day7

オフ オプショナルツアー(プロ野球観戦など)

Day8

鎌倉観光(長谷寺・高徳院・鶴岡八幡宮)

Day9

オンキャンパスプログラム(書道・和菓子・おもちゃ)

Day10

オフキャンパスプログラム
(浅草見学・かっぱ橋食品サンプル作り体験)

Day11

オンキャンパスプログラム(保育・コンサート・イベント)

Day12

オンキャンパスプログラム
(エアライン・ブライダル・アフレコ)
フェアウェルパーティー

01

ウェルカムセレモニーでは、学生全員でお出迎え。テクノビジョンには大きく留学生の名前と写真、そしてレッドカーペットを敷いての華やかな歓迎式です。

02

本校所有の総合研修施設「みどりの村」の研修旅行では、松本城に立ち寄り、お城をバックに記念写真。留学生にとっては日本で見るもの、聞くものすべてが新鮮です。

03

留学生に大人気の書道クラス。書道初体験の作品をかかげて誇らしげに、はい、ポーズ!

04

オンキャンパスプログラムで人気ナンバー1の茶道クラス。着物をきちんと着付けて、日本のおもてなしの心を味わっていただきます。

05

歌舞伎鑑賞の前には、しっかりと歌舞伎のお勉強。英語キャリア科の学生による英語での説明に興味津々!!

06

テクノス・インターナショナルウィークでさまざまなイベント、プログラムを通じて育まれた友情。やはり最後は涙、涙のお別れです。

Student's Comment ~学生のコメント~Student's Comment ~学生のコメント~

インターナショナルウィークを通じて、姉妹校の学生との交流はもちろん、エアトラと東京工学院のことをより深く知ることができました。そして何より言葉を超えて学生たちの心と心がつながる瞬間をたくさん見ることができ、とても嬉しかったです。リーダーを務めたことは、私にとって、仲間を信じる難しさと大切さを教えてくれた、かけがえのない宝物の経験となりました。

インターナショナルウィーク2016 リーダー

寺田 さん

日常的に英語を話す
環境がたくさん!

Technos English Club

TEC(Technos English Club)とは、学院内において日常的に学生たちが英語によるコミュニケーションが取れる環境作りを行うプロジェクトです。
具体的には東京工学院が提携している海外姉妹校の卒業生の中から、優秀な人材をTeaching Assistant(TA)として学院へ招き、学生たちへ積極的に関わってもらうようにしています。

左よりエミリー、ニック、アーロン
アーロンはTAの二人をサポートするTECのディレクターです。

Teaching Assistants~スタッフ紹介~Teaching Assistants~スタッフ紹介~

Nick ニック
  • イリノイ州シカゴ出身、IWUを卒業。

慶應大学で学んでいたこともあります。当時は横浜に住んでいて、大阪、神戸、姫路、奈良にも行きました。日本食が好きで、特にお好み焼きが大好き。休日は都内のお寺などをよく散策しています。

Emily エミリー
  • メイン州マチアス出身、ベイツ大学を卒業。

東アジア、日本語について専攻していました。テクノスカレッジ2014インターナショナルウィークに参加もしました。同志社大学でも学んだことがあります。趣味は美術、お菓子作り、ゲームなどです。

TECのSNSをぜひチェックしてみてください!TECのSNSをぜひチェックしてみてください!

  • facebook
  • twitter