高等教育の就学支援新制度の対象行となりました。 高等教育の就学支援新制度の対象行となりました。

NEWS

オープンキャンパス

夢を叶えるために頑張る 学生の成長STORY

好きな音楽を仕事に。アーティストと共に夢を追う希望に溢れている毎日です。

マネージャーとして
アーティストの活動を牽引。

卒業後、エレックレコードに入社し、アーティストマネージャーなどの業務に携わっています。今注力しているのは、2017年に結成された男性4人組の音楽制作チーム「MOTOR HOTEL」の活動。ライブやイベントはもちろん、プロモーションビデオの撮影や楽曲のリリースなどを手掛け、最近では4ヵ月連続新曲配信など忙しい日々を送っています。

ステージ裏での立ち回りなど
在学中の経験が活きている。

現在はマネージャー業務以外にもイベントディレクターやグッズ制作、ビデオ制作など多岐に渡る業務に携わっています。学校で学んだすべてが今の仕事に役立っているといっても過言ではありません。在学中に多くのイベントを経験できたことでステージ進行やスケジュール管理、調整など実践的なスキルを伸ばせたのが良かったです。

アーティストマネージャー
プロジェクトマネージャー/イベントディレクター

株式会社リンズビーチ/エレックレコード株式会社

清野 真奈 さん

コンサートイベント科 ステージ制作コース 卒業

リバーブの深さ、ディレイの間隔。音づくりに自分の個性が滲み出るのが、この仕事の面白さ。

憧れの業界をめざして上京。

高校生の頃はバンドを組んでいて、将来、音楽や音響関係の仕事に携わりたいと考えていました。出身は関西ですがプロの技術を本気で身につけたいと考え、上京を決意。入学当時は明確な職種の希望はありませんでしたが、音響芸術科の授業と現場を知る先生のアドバイスによってMAの仕事への興味が深まり、就職へと繋がっていきました。

人から頼りにされる
存在になりたい。

現在はMAのエンジニアとして、テレビ番組の音声編集や外国英語、アニメのアフレコ収録の現場で編集作業を行っています。編集時、音の波形はデジタルに分析されて可視化できますが、一番頼りなるのは自分の耳で聴く感覚です。その感覚をもっと現場で経験を積むことで磨き、アイデアの引き出しを多く持つ個性的なサウンドエディターになりたいと思っています。

サウンドエディター

プロセンスタジオ株式会社

大東 潤 さん

音響芸術科 音響芸術コース 卒業

リアルタイムで変化する光を捉え、微細な調整に集中する指先から心地良い映像を送っていく。

バラエティの楽しい空気を
損なわずに伝えたい。

TV番組やネット放送の収録に使用するカメラの色調、明るさを管理する。それがビデオエンジニアの仕事です。人の顔色の加減やホワイトバランスなど番組のトーンを決める大事な役目を任されています。現場には出演者やスタッフなど多くの人がいますが、その皆の力がかみ合って笑いに満ちた収録ができたときは掛け値なしに楽しいです。

学内イベント
「MUSAKO FEST」
の中継に興奮。

バラエティやイベントなど楽しい瞬間を伝えるのが好き。それは在学中から変わっていません。他学科の学生たちと一緒に取り組んだ学内フェスの放送中継は大変でしたがやりきった充実感に溢れ、今でも鮮明に覚えています。そういった実践的なイベントを在学中から何度も体験できたことがTV業界への就職に役立ったのだと思います。

ビデオエンジニア

株式会社ニユーテレス

山下 将平 さん

放送芸術科 放送芸術コース 卒業

求められる音楽をすぐに表現できる音楽のプロフェッショナルでありたい。

色々な人と、
毎回違う音楽を奏でたい。

現在は、ベーシストとしてアーティストのバックバンドに参加したり、ゲームのBGMを作曲するなど幅広く音楽に携わっています。毎回扱う楽曲が違うので、レコーディングの現場ではその場で曲を渡されて短時間で仕上げます。日頃からポップスやジャズ、ラテンなど様々なジャンルの音楽にふれ、即興で演奏できるようにしています。

曲全体のバランスを捉えることで、
ベースの音は一層引き立つ。

仕事に活きている学びは、譜面からリズムや他楽器の音を把握し、全体を正しく理解する音楽理論。私の担当するベースも、他楽器とのバランスを捉えないと、音が独り歩きします。レコーディングの仕事では、デモ曲を聴いてかっこいいベースのフレーズを演奏することが腕の見せどころ。音の調和を取り理論に基づいた音を奏でます。

音楽家・ベーシスト

木下 隆平 さん

ミュージック科 卒業

心に届く演技ができた時、カーテンコールの拍手の音がたまらなく嬉しい。

観客の拍手が一番のやりがい。

ジェイズプロデュースという事務所に所属し、アクションとダンスを武器に、役者とアクションサンプラーという舞台上の殺陣の音を入れるスタッフ業の仕事をやっています。俳優としてのやりがいを感じるのは演じ終えてカーテンコールで大きな拍手をもらっている時。私たちが演じる姿を観て笑顔になっている観客の笑顔が何よりも嬉しいです。

役作りで悩み苦しんだことも
良い経験。

東京工学院では、発声や感情を解放させるためのワークショップなど演劇の基礎をしっかりと学ぶことができました。学院祭をはじめ発表する機会が多く、役作りで悩んで壁にぶつかった経験を含めて実践的な演劇の勉強が楽しかったです。他人の演技を見ることでヒントをもらえることもあるなど貴重な体験を積めた2年間でした。

俳優・アクションサンプラー

株式会社ジェイズプロデュース

片山 日南 さん

声優・演劇科 俳優コース 卒業

世界的ゲームの開発に参加。スタッフロールにおどる自分の名前に鳥肌が立った。

プログラマーになった今も
日々勉強。

ゲームプログラマーとして主にスマホアプリの開発を担当。家庭用の人気ゲームの開発にも携わりました。開発の現場では新しい技術が求められ、卒業した現在も勉強は欠かせません。学びの経験によって「どういう方法で学習すれば早く理解できるか?」と考える習慣を身につけられたのですが、それが今の仕事で役立っています。

自分のゲームを
喜んでくれる人がいる。

在学中、夢中になったのはプログラミングの授業でした。自分が本当に勉強したいことだったし、課題が上手に仕上がらないときは教室が閉まるまでパソコン画面と向き合って頑張っていたことが印象に残っています。学院祭や卒業作品展など自分の作ったゲームを多くの人に遊んでもらい、そのリアクションを見るのも楽しみでした。

ゲームプログラマー

株式会社キャメロット

飯田 雄也 さん

ゲームクリエーター科
ゲームクリエーターコース 卒業

映像表現を身につけて、ユーザーをワクワクさせる3Dキャラクターをつくる。

動きが自然なキャラクターを作る。

現在、遊技機やアニメなどのキャラクターやプロップ、背景など様々なモデリング業務を担当。人気遊技機の制作にも携わりました。3DCGモデラ―に求められる力は観察力です。例えばキャラクターの耳の位置が不自然ではないか。人間には出来ない動きをしていないか。などおかしい箇所を見つけ出し修正する力が求められてきます。

ポートフォリオ制作が
今につながる。

在学中に夢中になったのは、CG演習。自主制作の時間で就職に向けてのポートフォリオ制作に集中できました。作品作りはクリエーターの就職につながるだけでなく、自分の技術を向上させてくれます。学生のうちに、デッサンなど物の形を把握する力などを養えたおかげで、今の仕事でも重要な仕事が回ってくるきっかけになっています。

3DCGモデラー

株式会社 ギャラクシーグラフィックス

岩松 海豊 さん

CGクリエーター科 CGクリエーターコース 卒業

仲間たちのアイデアをデザインの力で実現し、ユーザーの満足度を上げていく。

見る人がすぐに理解できる
デザインを心掛けている。

求人のクチコミ情報を集約した自社メディア「to Be」のデザインを担当し、スマホ対応のためのメディアクエリといった最新技術の導入にも取り組んでいます。インターネット業界は進歩が著しく常にと新しいアイデアの相談がやってきます。そういった要望に対し、デザインの力で次々とカタチにしていくのがこの仕事の醍醐味です。

学校の人脈が技術、
知識の
アップデートに役立っている。

在学時の一番の思い出は学院祭のサイト制作です。一生懸命につくり、達成感が味わえたことは大きな経験でした。また、「上達するにはどうしたらいいか?」といった悩みに先生たちが親身に応えてくれたことも印象に残っています。今も先生や仲間たちとの連絡は続いており、会ったときには最新技術や事例の情報交換で盛り上がります。

Webデザイナー

GMOリサーチ株式会社

山口 菜摘 さん

Webデザイン科 Webデザインコース 卒業

課題で制作した作品を編集部に持ち込んだ。その勇気が業界への一歩に。

在学中からプロの経験を
積み重ねた。

入学後、課題制作で描き上げた作品を憧れの少年誌の編集部に持ち込みました。実力と将来の可能性に対して高い評価を得ることができ、担当もつきました。その後、超人気連載マンガ家のもとでアシスタントも開始。背景やモブキャラの作画、仕上げを担当するなど、学業と並行しながらひたすら描きまくる日々を卒業まで過ごしました。

画力もコミュニケーション力も
鍛えられた2年間。

在学中はマンガの技術と同じくらい、授業を通じてコミュニケーション力を鍛えられたことが、編集者など人と関わる機会が多い業界の中で役立っています。連載を続けているマンガ家のアシスタント作業は、締め切り前になると寝る暇がない忙しさです。それでも、発売された掲載誌で自分が描いたページを目にすると充実感でいっぱいです。

漫画家

新垣 良 さん

マンガ科 マンガコース 卒業

自分が動かしたキャラクターが、視聴者の元に。参加した作品は宝物。

キャラクターをより
「っぽく」動かす。

卒業後、アニメーション制作会社の作画部に所属しました。作画部の中でも私は「動画」を担当しており「原画」の清書と、その間の絵を描いています。アニメーションにおいて原画に足りない部分を補完する作業で、この作業が無いとキャラクターが気持ちよく動きません。アニメーション作品では数千枚に及ぶ絵を作画スタッフで描きます。

「卒業制作」が
今の仕事に活きている。

キャラクターデザイン・作画監督・動画・仕上・美術背景・撮影等々、ほぼ全てのセクションを兼任しつつ、クラスメイトと1年以上かけて制作できたのは良い経験になりました。基礎だけでなく、肉体的な過酷さ、精神的な焦り、コミュニケーションにおける対人的問題とすべてにおいて、アニメーション制作現場に必要な能力を知った上で養う事が出来ました。

アニメーター

有限会社wish

柴田 駿 さん

アニメーション科 アニメーションコース 卒業

美しいだけでは足りない。企業や商品が持つ魅力を分かりやすく伝えたい。

クライアントに新しい発見を与える
アイデアを考える。

クライアントの企業広告や商品販売のWebサイトなどのデザインを担当しています。デザインをする上で大切なのは「分かりやすさ」です。見た目だけを気にするのではなく、商品やサービスの持つ強みや魅力が早く伝わることを意識しています。努力が身を結びクライアントに喜んでもらえるのが、デザイナーとしてのやりがいです。

就活や実際のプレゼンに
自信を持って挑めた。

学生時代を思い返してみると、実際の企業から依頼されたグラフィックデザインの仕事を目の当たりにする機会が多かったことが強く印象に残っています。その経験は、就職活動や仕事の場面での自信に繋がっていきました。また、課題制作に取り組む中で、タイポグラフィーやPhotoshopの実践的な技術力を身につけられたことも役立っています。

デザイナー

株式会社ミネルバ

星野 紅葉 さん

グラフィックデザイン科
グラフィックデザインコース 卒業

選手に最高のパフォーマンスを発揮してもらうために。一緒に戦っている。

マネージャーとして
選手やクラブを支える。

現在は、Jクラブの選手がトレーニングをスムーズに行えるようにサポートしています。遠征に行く際にも帯同し、ロッカールームの設営などにも携わっています。選手が最高のパフォーマンスを試合で発揮できるようにサポートし、応援に来てくださるお客様に快適に過ごしてもらえるようにするのが主な業務内容です。現在はマネージャーですが、プロのホペイロになるために毎日経験を積み重ねて仕事の質を高めていきたいです。

インテルアカデミー実習が
現在の仕事に活きている。

10年間サッカーを続けて、サッカーに関わる仕事をしたいと思い、東京工学院に体験入学にいきました。そこでインテルアカデミーの実習を知り、学びたいと思ったのが入学の決め手です。実習だけでなく、イタリア研修にも参加し、トップチームの練習や試合の中から選手を支えるプロたちの動きを見れたことも今の仕事に活きていると思います。

専門職

株式会社アスリートクラブ熊本(ロアッソ熊本)

仲村 翔 さん

スポーツビジネス科 サッカーエキスパートコース
(旧サッカービジネスコース) 卒業

子どもたち一人ひとりを守り、成長を手助けする保育士をめざす。

子どもたちの変化を
いち早く察知する。

現在は、きたひだまり保育園で保育士として働いています。毎日登園している子どもたちの体調を表情や機嫌から読み取ることが重要です。また、担任している子たちは、自分の意思を言葉で表現することが出来ないため、注意深く観察し、かみつきなどの行為で表現する前に、気持ちを受け止めることが大切です。子どもの様子を、同僚だけでなく、保護者の方とも共有し、細かいケアを行っています。

観察力に加えて責任感を持つ。

一人の人として、子ども達に接することを大切にしています。そのためには、自らの一つひとつの行動に責任を持って接することが必要となります。在学中に、保育実習指導(ちびっこどんぶり)を通して、実際に子どもと関わることで、責任感の重要性を認識しました。さらに学生としてではなく、教育者として子どもたちに接することができたのは、今の仕事につながっていると思います。

保育士

国立保育会 きたひだまり保育園

白田 佑里 さん

幼児教育学科
保育士・幼稚園教諭2種コース 卒業

子どもにとっても保護者にとっても身近な存在であり続ける。子どもにとっても保護者にとっても身近な存在であり続ける。

「頼れる存在」になるための
コミュニケーション。

子どもが好きでめざした保育士。東京工学院を卒業した私は今、小さな保育園で園長先生を務めています。保育士は、子どもたちの成長のために愛情をもって接することが何より大切ですが、保護者の方の力になることも重要な仕事。育児などで悩む方が気軽に相談できるよう、日頃から積極的な会話を心がけています。

リアルを経験できた学びが
「今の自分」の土台に。

在学時にはピアノや手遊びなどの保育技術を多く学びましたが、なかでも「ちびっこどんぶり」で子どもや保護者の方と直接接した経験が今、対応力という形で活きています。今後はより大きな保育園で多くの子どもたちの成長を育み、そして保護者の方にとっても安心して利用できる保育園をめざしていきたいです。

保育士(園長)

株式会社こどもの森 のぼりっこ保育園

藤田 悟 さん

こども学科
(旧スポーツ健康学科) 卒業

自主性を持って行動。地域と連動して、街を守っていく。

地域と連携した防災訓練活動で、
街を守る。

高校生の時に消防官に憧れ目指すことに。夢を東京工学院で叶え、現在は東京消防庁の東村山消防署、警防課防災安全係ではしご隊に所属しています。仕事内容は、火災が起きた際に現場に出動することはもちろん、地域と連携して防災についての認知や訓練を行っています。地域の安全を守り、住みよい街づくりを目指しています。将来はハイパーレスキュー隊に所属することを目標にしています。

自主性を持って、
いざというときに備える。

日々、自主性を持って行動する必要があるのが消防官。通報があった際に瞬時に考え行動する力を意識しています。自主性は、自分の意識や時間を有効に活用する方法を考えないと身につきません。私は、高校生の時、自分から行動することができませんでした。でも入学後、公務員採用試験の勉強のためにお昼に図書館で新聞を読むなど授業以外で常に勉強を行うように。自分で考え行動する力は、その時から意識をしていたと思います。

東京消防庁 東村山消防署

和田 龍之介 さん

公務員科
(旧情報システム科 公務員コース) 卒業

自分一人では建物はできない。多くの人の力を集めることでかたちに残る仕事が完成する。

建築のダイナミズムを
実感できる仕事。

施工管理技士は建築現場の監督者。職人さんへ指示を出し、施工状況を確認するなど施工をスムーズに進めるために欠かせない仕事です。設計図面の用意などの作業の段取りや、様々な業種の人の間に入り調整を行うなど責任が重い仕事ですが、建物が完成したときのやりがいも大きく、自分の仕事が建築物という目に見える形で残っていくことが嬉しいです。

在学中の資格取得が
仕事のステップに。

施工管理技士(学科)の資格は在学中に取得しました。先生が話してくれた「建築の仕事は10年経験してようやく一人前」という言葉が今も深く残っていて、入社3年目の自分にとってまだ学ばなければならないことばかり。まずは1級建築施工管理技士資格の取得。そして、大きな現場の所長を任せられるような人になるのが今後の目標です。

施工管理技士

株式会社德祥

川村 諒 さん

建築学科 建築設計コース 卒業

お客様の快適な空間をデザインする。出来上がったときの喜びは言葉になりません。お客様の快適な空間をデザインする。出来上がったときの喜びは言葉になりません。

カタチに残る仕事だから、
納得いくまで話し合う。

卒業後はオフィスの内装や店舗デザイン、工事発注までトータルにお客様のサポートをしていました。内装は工期も短い分、お客様にご提案する際に分かりやすいプレゼンとコストパフォーマンスを考えて、何十案にもわたるデザインを考えていました。度重なる打ち合わせは大変ですが、デザインがカタチになっていく様子を見るとやりがいを感じます。現在は住宅設計に関する仕事をし、新しい道に進んでいます。

周りからもらう意見を、
自分のアイデアの種にする。

空間デザインの授業では、家族構成やライフスタイル、動線などを想定し、快適で暮らしやすい住空間を提案。4人家族の設定でデザインを考えたときには、子どもが家を出た後にはリフォームも考えられるなど、先生や友人からの新しい視点で意見をいただきました。住む人の気持ちや人生に立って住空間を考える視点を身につけました。

住宅設計管理

パナソニック ホームズ株式会社

大久保 美里 さん

インテリアデザイン科 卒業

知識がゼロからIT業界へ。楽しいと思えば、なんでもできる。

クライアントにとって必要な
プログラムを制作する。

現在は、ネットバンキングのようなWebブラウザ上で閲覧できるWebシステムを開発しています。開発には様々な工程がありますが、私が担当するのはシステムの機能の設計をもとにプログラミングして制作を行っています。クライアントやユーザーにとってわかりやすく、使いやすいように作ることが私の使命です。

ITにのめり込んでいく毎日。

IT知識がゼロの状態で入学。1年次はわからないことばかりでしたが、毎日少しずつIT用語を調べて覚えることで知識が身につきました。実習では毎回できることが増えて行くのを実感できてITが楽しく思えるように。卒業間際になるとショッピングサイトを一人で作れるようになりました。自分の成長が形となってみえるのでモチベーションにつながります。

システムエンジニア

株式会社ユーベスト

藤田 啓 さん

情報システム科 卒業

トラブルは許されないNHKの放送を守るという責任の大きさが原動力。

日本有数のインフラ設備を、
24時間マネジメント。

電源や空調などインフラ設備の管理や運用、設計などに携わっています。担当しているNHK放送センターは、世界でも有数な放送局の中枢施設であり、設備の規模や能力は点検でも数ヵ月を要するほど桁違いです。放送を守る上で、トラブルは無くて当たり前。その責任の大きさで毎日身の引き締まる思いですが、これほどやりがいを感じる現場はありません。

東京工学院は、
現場さながらの経験を積める場所。

1年目から現場で戸惑うことはほとんどありませんでした。電気系国家資格の取得を通じて知識や技術力が身につき、電気工事実習やCAD設計などの授業で実践力を鍛えられたからだと思います。設備管理はチームで行うので、コミュニケーション能力も問われます。それも、学生同士で協力して取り組む課題や実習が多いので自ずと鍛えられました。

設備管理者

株式会社NHKビジネスクリエイト

渕上 翼 さん

電気電子学科 電気工学コース 卒業

航空機の特性、天候条件を把握し、最善の指示をパイロットへ。命を守る責任に身が引き締まる。

すべては航空機の
安全な飛行のため。

航空管制官の仕事は「空の交通整理」。航空機が安全に目的地へ到着できるよう、パイロットへ指示を出す職務を担っています。航空機は常に動いており、天候や風向きなど条件は変化をし続ける中、管制官は最善の判断をしなければなりません。責任は重大ですが、自分が思い描いたとおり安全に誘導できた時の達成感も大きいです。

フライトシミュレーターの操縦が
待ち遠しかった。

空の仕事に憧れを持ったのは小学生の頃。東京工学院にはパイロットを目指して入学しました。フライトシミュレーターの操縦訓練は楽しく、無線通信の勉強や英語など空の仕事に必要なカリキュラムを多く学ぶことができて良かったです。また、同じ志を持つクラスの仲間との話から自衛隊の魅力を知ったのも大きな収穫でした。

航空管制官

海上自衛隊

井上 翔 さん

航空学科 パイロットコース 出身

クライアントに最適なIT環境をつくりあげる。

クライアントが求める
「働く環境」を整える。

私の仕事はITエンジニアです。クライアントのオフィス環境改善のために、パソコンなどのIT機器を手早く設置・撤去できるよう、オフィスの図面データをもとに作業全体の管理をしています。この仕事に必要なのは調整力。現場でトラブルが起きればすぐに状況を確認し、スタッフとの連携を密にとることで問題解決に努めています。

実務に活かせた授業での取り組み。

在学時に一番夢中になっていたのは、授業で挑戦した雑誌制作。自由にテーマを決める中で、声優をめざす人への密着取材企画を実現するために、取材候補者への出演交渉やスケジュール管理を行った経験が今の仕事に活かされています。今後の目標はさらなる作業の効率化。そのために今は新しいPCスキルの修得をめざしています。

ITエンジニア/株式会社V-RISES

山田 菜七恵 さん

演劇・声優科 大学併修学科 メディア文学コース 卒業

産業能率大学 通信教育課程 情報マネジメント学部
現代マネジメント学科 卒業

誰からも信頼されて尊敬される先生に。子ども達と共に成長していく。

入学後に夢を変更しても叶う。

保育士を目指して入学しましたが、子ども達と接していくうちに子ども達が自ら考え、学び、成長していく姿を見ていきたいと思い、大学コース(教育専攻科)に編入して、小学校の教諭を目指すことにしました。教育専攻科に入って短い期間で教員採用試験のための勉強と教育実習に向けての指導方法を学ばないといけませんでした。先生方が1教科1教科、丁寧に重要なポイントをわかりやすく教えてくれたので夢が叶ったんだと思います。

児童の信頼をつかむために。

現在は、4年生の学級担任をしています。児童が先生に対してどうやって信頼や尊敬をしてもらえるかを常に考えています。私は、運動することが好きなため、休み時間や体育の授業でもなるべく子ども達と一緒になって遊ぶようにしています。まだまだ駆け出しの先生ですが、先輩の先生方に1日でも早く近づけるように勉強を重ねて行きます。

小学校教諭

東京都小金井市立小金井第三小学校

立花 黎 さん

こども学科 教育専攻科 卒業

姫路大学 教育学部 こども未来学科 通信教育課程 卒業

法律知識のおかげで将来、活躍する場の選択肢が増えました。

大学と同じ科目の勉強ができて、
学士も取得。

中央大学法学部で学士の資格を取得し、法律事務所に入社しました。刑法や民法の授業で習った法律知識は実際の仕事でも役立ちました。現在は特別養護老人ホームに転職し、管理栄養士の仕事の補助や厨房管理などを担当。在学中に身につけたパソコンスキルや学生生活で鍛えられたコミュニケーションスキルがここでも活かすことができています。

法律知識はもちろん
経営や英語力まで鍛えられた。

東京工学院では法律以外にも様々なことを学びました。例えば、カフェ店舗の経営実習では仕入れからお客様へのご提供までの一連の作業をすべて学生たちが行うなど実践的な授業を体験。また、英国オックスフォードの海外研修に参加し、語学力を磨けたのも貴重な経験でした。実務に繋がる学びができた4年間だったと思います。

栄養課事務員

社会福祉法人 光照園 王子光照苑

吉田 多恵 さん

法律情報科 大学併修学科 法律情報コース 卒業

中央大学 法学部 通信教育課程 卒業

仕事で活きる力を学生のうちにたくさん経験する。有意義な4年間でした。

コミュニケーションで
仕事を円滑にする。

卒業後は、プラットフォームの開発に携わっています。プログラミングの授業で培った知識は、今の仕事でも活きています。仕事ではクライアント・同僚に対してのコミュニケーションが重要。私は経営実習を通して、他学年・他学科の学生たちと意思疎通をするように心がけていました。初対面や年の差がある方など、たくさんの人と接することが良い経験になりました。

資格の取得や海外研修は力になる。

ITパスポートやAccessなどの資格を取得しましたが、資格取得に向けて勉強したことが私にとって一番良かった点です。当時は覚えるだけでしたが、仕事を始めてからその単語はよく使われます。さらに内容を理解できているので、スムーズに仕事が進められます。また、オックスフォード研修に行き海外の文化を知り英語での交流など得るものが多かったです。

ITエンジニア/株式会社エス・エス・シー

大村 匠 さん

経営情報科 大学併修学科 卒業

産業能率大学 通信教育課程 情報マネジメント学部
現代マネジメント学科 卒業

学科・コース 一覧

芸術・
エンターテイメント系
芸術・クリエーター系
スポーツ・教育系
工学・情報系
経営・法律・
エクステンション系
研究科