高等教育の就学支援新制度の対象行となりました。 高等教育の就学支援新制度の対象行となりました。

NEWS

オープンキャンパス

テクノスブログ建学の精神/理事長挨拶/学院長挨拶/沿革

CATEGORYカテゴリー

東京工学院専門学校
東京エアトラベル・ホテル専門学校

月別アーカイブ

【観光旅行科1年生】デスティネーション研究 フィールドワーク報告書 Part 1

2020.02.20

こんにちは!

本日は、先日行ったフィールドワークの報告書の中から、Aさんのレポートを紹介したいと思います!

 

行程:①武蔵小金井駅小金井市観光まちおこし協会③貫井神社

④ラーメン ななふく⑤小金井地蔵黄金の水⑦はけの道⑧金蔵院

小金井神社WISE MAN COFFEE武蔵小金井駅Cake House

Patisserie Tom武蔵小金井駅

 

この行程を5時間で回った3人♪すごいですね!

では、お腹が空いてきちゃうような、食レポ&小金井市を盛り上げるための彼女のレポートをご覧ください♪

 

     武蔵小金井駅

 

全体的に明るく開放的なイメージを持った。新宿、渋谷、原宿ほどまで栄えてはいない。かと言って、全く店がないというわけではないのでいい意味で)何かと都合のいい街である。程よく便利で、日用品も集めやすい。上記の新宿、渋谷、原宿までそこまでアクセスも悪くはない。

 

私の目標 私は小金井市で最高なとこを見つけてきます!

 

 

TTE20200220001.jpg

     小金井市観光まちおこし協会

 

TTE20200220002.jpg

①武蔵小金井駅②小金井市観光まちおこし協会 徒歩約8分

駅からは近いが、初めて行く人には、少し場所が分かりづらいなと思った。かなり、日陰になっている。

行ってみると、外に沢山のパンフレットとともにイケメンのキャラクターがお出迎えをしてくれる。中にもさまざまな種類のパンフレットが連なる。街歩きBOOK、小金井市のおすすめのカレー屋・カフェ・洋菓子屋を紹介する冊子、近隣で行われる祭りの紹介etc…などなど。

 

③貫井神社

TTE20200220003.jpg

②小金井市観光まちおこし協会~③貫井神社 徒歩約18分

 木漏れ日が差して気持ちがよかった。

TTE20200220004.jpg

④らーめん ななふく

 

③貫井神社~④らーめん ななふく徒歩約25

 店は駅近にあり看板が2つ表に出ているが、ビルとビルを少し縫ったとこにあるため、若干行きにくいなと思った。私は特製ななふくらーめんというものをいただいた。食べやすい中太麺で歯応えがあった。するする飲める醬油ベースのスープにチャーシュー3枚(バラとロースが選べるめちゃ優しい 混ぜることも可能 私は両方楽しみたいので混ぜで注文 バラ2枚とロース1枚)と長くて大きいワンタンが3コ、トロトロ味玉は半切りを2つ、しゃきしゃき美味しいメンマ、ねぎがたくさん、海苔が1枚、ほうれん草が少々という具材であった。

だいぶボリューミーではあったが、とてもお腹が空いていたのでペロッと食べることができた。また今度、別のメニューも是非食べに行きたいと思った。

 

TTE20200220005.jpg

⑤小金井しあわせ地蔵

 

 

④らーめん ななふく~⑤小金井しあわせ地蔵徒歩5分

この地蔵は武蔵小金井駅の南口のバスロータリーにあり、地元の人々に親しまれている。

もともとは六地蔵として、南口商店街に等間隔でたてられていた。「しあわせ地蔵」さん以外に今は「出迎え地蔵」「いきかえり地蔵」が登場している。

六地蔵は、人間が死んだ後、生きていた時の善悪によって行く、地獄、飢餓、畜生、修羅、人間、天上の六つの苦界(六道)での苦しみを救う六種類の地蔵菩薩のことをいう。

興味のある人は是非とも行ってみてください♪

 

TTE20200220006.jpg

⑥黄金の水

 

⑤小金井しあわせ地蔵~⑥黄金の水徒歩3

この水は武蔵小金井駅南口にある商店街の裏にある。

井戸は深さ100㍍、硬度150くらいの硬水で、商店街の文具店で専用の鍵(500円)を購入し、8時~20時の時間汲むことができる。

 

TTE20200220007.jpg

昔ながらの水を汲むレバー(?)があり、小さい時におばあちゃんの家の近くにあったことを思い出した。それが、まさか現代の、しかも東京で見られるとはびっくりである。もっと東京でもこのような場所が増えることを強く願うばかりである。

TTE20200220008.jpg

 

⑦はけの道

 

⑥黄金の水~⑦はけの道徒歩2分

東小金井の南口から247大通りを、栗山公園を横目にまっすぐに進み連雀通りを超えて少し進むと、国分寺崖線と呼ばれる、崖地にぶつかる。この崖を武蔵の方言で「はけ」と呼ぶ。崖地のすぐ下を通っているのが「はけの道」。

急にはけの道に入ったので驚いた。少しイメージと違ったが、満足。

 

 

⑧金蔵院

 

 

⑦はけの道⑧金蔵院徒歩1分

私たちが歩き始めたはけの道の始点から緩い坂を下り、約1分。そこに金蔵院はある。境内に入って、知らないおじさんの像を見つけた。彼は笠をかぶり、棒(?)を持っていた。到着してからしばらく見学していたら、毛塚・堀口ペアが現れた。チェックポイントの貫井神社以来の再会である。彼らは私たちより遅く到着したにも関わらず、もう出発してしまったようだった。

金蔵院は今から約450年余前の永禄年間以前に開山した、真言宗豊山派の寺院で、十一面観自在菩薩を本尊としてお祀りしている。

 

TTE20200220009.jpg

 

⑨小金井神社

 

 

⑧金蔵院~⑨小金井神社徒歩5分

到着してから普通に境内を見学していたのだが、おみくじを見つけたので引いてみることにした。

結果は「吉」うーん、、なんとも微妙である。とかなんとか言っていたら、また毛塚・堀口ペアが来た。流石に二回目はどうでもよい。そうこうしている間に、周りがなんだか慌ただしくなってきた。私たち3人は甘酒を飲んでいた。私は初の甘酒だったのだが、どうやら、今日は節分のイベントだったらしい。私たちも参加しようと思い、長らく待ち伏せていたが一向に豆まきが始まる気配がない。20分弱待ったが始まりそうにない、しかもこの後も行かねばならない場所があったということで、小金井神社を立ち去ることにした。

創建は元久2年(1205年)武蔵野開拓にあたり、菅原道真公の徳を敬い天満宮としたと伝えられている。

 

 

TTE20200220010.jpg

 

⑩WISE MAN COFFEE

 

⑨小金井神社~⑩WISE MAN COFFEE徒歩6分

住宅街に突如現れるおしゃれな建物。

私は気づかずにスルーしてしまった。中に入ると外国人や20代くらいの女性がいた。店員(男性1人のみ)はロン毛のイケメンだった。

某恋愛リアリティーショーにいそうな人だった。

私は何と勘違いしたのか(私は苦いコーヒーが苦手)比較的甘いであろうと推測したカフェモカを注文してしまった。

それと、ベーグル(クリームチーズ付き)を注文した。カウンターに座ったのだが、3冊ほどカフェ特集の雑誌が置いてあった。そこにはこの店も載っていた。

カフェモカが来た瞬間、私は慄いてしまった。想像以上に色が黒かったからだ。やってしまった、絶対に間違えた。と思いながら、恐る恐る飲んでみたらすごく美味しかった。やはり苦いことには変わりなかったが、それでも奥深い美味しさを感じることができた。さすが、注目されるだけの店である。

 

TTE20200220011.jpg

Cake House

 

TTE20200220012.jpg

 

WISE MAN COFFEE~武蔵小金井駅徒歩20分 バス(京王バス)15分

武蔵小金井駅~⑪Cake House徒歩3分

この店はもともと予定に入っていなかったが、時間が余っていたので、小金井まちおこし協会でもらったカフェ巡りのパンフレットをもとに見つけたお店である。

可愛らしい薄いピンクの外壁でとても女の子らしいお店だなと感じた。おばちゃん1人だけがいた。

店内も美味しそうなお菓子がいっぱいあった。

ここで買ったものを紹介しよう。左のお菓子はフロランタンというものでアーモンドスライスが上に散りばめられたフランスのお菓子である。アーモンドが香ばしくサクサク、カリカリしてて美味しかった。

右のお菓子はいちじくのクッキーである。久しぶりにいちじくを食べたが、つぶつぶの部分がぷちぷちしてて美味しかった。

Patisserie Tom

Cake House~⑪Patisserie Tom徒歩4分

このお店ももともと予定に入っていなかったが、上記のCake Houseと同様、時間が余ったので行ってみることにした。ここは、一昨年の6月にまだオープンしたばかりだ。白を基調とした店内は、清潔感を感じさせた。

隅に2席だけイスとテーブルがあった。店員さんは若い女の子が2人いた。

ここでまた買ったものを紹介しよう。左は、むさこレモンで黄色いスポンジに少し酸味のきいたレモンクリームが挟んであった。真ん中はフルーツケーキで全体的には甘いがラムレーズンとちょっぴりお酒が入ってアクセントになり美味しかった。右はあんずのケーキで、ねちょっとしたあんずが美味しかった。

 TTE20200220013.jpg

⑫武蔵小金井駅到着!!!!!

 

Patisserie Tom~⑫武蔵小金井駅徒歩6分

皆さんお疲れ様でした☆

 

[感想]:小金井市は緑が多いけれど、ちゃんと都会の一面も併せ持つことが知れて今度プライベートでも利用してみたいなと思った。

まだまだ、小金井の魅力を探っていきたいと思った。

思ったよりも書くことがとても多く先が見えなかったが、ここまで終えることができて本当に良かった。

次のフィールドワークも頑張っていきたい。

********************************************************************

次回のオープンキャンパス情報

2月24日(月・祝)

午前10:30~12:30

午後13:30~15:00 の2回実施に変更いたします。

https://technosac.jp/experience/

ご参加いただきます皆さまの安全と安心のために、ウィルス感染対策として2月24日(月)のオープンキャンパスより、時間を短縮するなど当初予定プログラムを以下の通り変更して実施いたします。
大学コース等…学校の特色はもちろん各学科での学びやキャリア支援から入学方法や奨学金までをしっかりお伝えすることは変わりません。
必ずご確認の上ご参加くださいますようお願いいたします。

  • 当初の一日(10:30〜15:30)を通してのプログラムを2時間に短縮して、午前(10:30〜12:30)と午後(13:00〜15:00)の2回実施いたします。
    * 10:00もしくは12:30開場に合わせてお越しください。
  • 「学校の特色紹介&入学案内」と「学科の学び体感紹介」の2プログラム(各1時間)で構成し、個別相談にも対応させていただきます。
  • 通常は企画運営を全て学生が行なっておりますが、教職員のみにてご説明ご案内させていただきます。
  • AOエントリーや出願を要件緩和して受付させていただきます。その場でのエントリーも可能です。
  • ランチのご提供は中止とさせていただきます。
    * キャンパス内では要所に消毒液を配置して必手消毒・必マスク着用とさせていただきます。マスクをお持ちでない方にはお一人様おひとつに限り配布させていただきますので、ご協力をお願いいたします。

昨今の社会的状況を鑑みましての変更にご理解ご協力いただきまして、安心してご参加いただけますようお願いいたします。

なお、社会的状況の変化によっては予告なしに内容変更させていただく場合がございます。

合わせてご理解ご協力をよろしくお願いいたします