AO入学エントリースタート!

NEWS

オープンキャンパス

情報システム科情報システム科

情報・コンピュータ・ITを学び情報処理の専門家として活躍できるエンジニアを育成 情報・コンピュータ・ITを学び情報処理の専門家として活躍できるエンジニアを育成

情報処理・コンピュータ(パソコン)に関する専門技術を学び、
情報サービス産業(IT企業)への就職を目的とする学科です。
1年次では、プログラム開発に必要となるプログラム言語(Java)の基本技術、
ワープロ・表計算といったアプリケーション操作、そして、ネットショッピングサイトの構築に必要な
Webページ作成、データベース操作をそれぞれに学びます。
2年次では、それらの技術を組み合わせたWebシステムの構築を行います。
また、国家試験である「ITパスポート」「基本情報技術者」を、クラス全員で合格するための学習システムが充実。
キャリアセンター(就職支援センター)としっかり連携して、確実にITの専門家を目指します。

目指せる職種
  • システムエンジニアお客様の要望をどのようにコンピュータ化するか考えるITを代表する専門的な職業です。
  • プログラマシステムエンジニアが作成したITサービスの設計図を基にプログラムを作成する専門職です。
  • カスタマエンジニア情報サービスの修理・メンテナンスを担当する職業です。
  • オペレータ24時間稼働しているITサービスの見張り番をする職業です。
  • プログラム開発・IT企業全般情報業界以外の企業にある社内SEや情報システム部門に就職が可能です。
  • システムエンジニアお客様の要望をどのようにコンピュータ化するか考えるITを代表する専門的な職業です。
  • プログラマシステムエンジニアが作成したITサービスの設計図を基にプログラムを作成する専門職です。
  • カスタマエンジニア情報サービスの修理・メンテナンスを担当する職業です。
  • オペレータ24時間稼働しているITサービスの見張り番をする職業です。
  • プログラム開発・IT企業全般情報業界以外の企業にある社内SEや情報システム部門に就職が可能です。
主な就職先

その他多数

目指せる資格
  • 基本情報技術者試験プログラム開発者は合格必須な開発知識を証明する国家試験。
  • ITパスポート試験ITを活用する人材が必要な知識を証明する国家試験。
  • 情報検定(J検)国家試験前の力試しができる情報処理に関する民間試験。
  • ビジネス能力検定(B検)ビジネス用語や社会人の行動を問う民間試験。
  • Webクリエイター能力認定試験Webページ作成のためのHTML技術の実技試験。
  • 日商PC検定(文書作成・データ活用)社会で使えるワープロソフト・表計算ソフトの知識・操作試験。
  • マナープロトコール検定日常生活におけるマナーやルールを問う民間試験。
  • Microsoft Office Specialist(MOS)Microsoft社のワープロ・表計算などのアプリケーション操作試験。
  • 基本情報技術者試験プログラム開発者は合格必須な開発知識を証明する国家試験。
  • ITパスポート試験ITを活用する人材が必要な知識を証明する国家試験。
  • 情報検定(J検)国家試験前の力試しができる情報処理に関する民間試験。
  • ビジネス能力検定(B検)ビジネス用語や社会人の行動を問う民間試験。
  • Webクリエイター能力認定試験Webページ作成のためのHTML技術の実技試験。
  • 日商PC検定(文書作成・データ活用)社会で使えるワープロソフト・表計算ソフトの知識・操作試験。
  • マナープロトコール検定日常生活におけるマナーやルールを問う民間試験。
  • Microsoft Office Specialist(MOS)Microsoft社のワープロ・表計算などのアプリケーション操作試験。
POINT

情報システム科の特徴

就職の為、2年間でIT系の
国家資格取得を目指す!

【1年次】5つの資格 + ITパスポート
情報検定
情報処理の基礎知識を問う民間試験。6月に2・3級に挑戦します。夏休みチャレンジする国家試験ITパスポート取得のための力試しとして受験します。
ビジネス能力検定
ビジネス用語やビジネスマナーを問う民間試験。ビジネスシーンにおける自分が取るべき行動を学び、社会人としての心得を身につけます。
Webクリエイター
能力認定試験
Webページを構成するHTMLとCSS作成技術を問う民間試験。HTML5を使ったWebページを作成する実技型の試験。学んだ技術の実力を確認します。
日商PC検定
文書作成
単なるワープロソフト(Word)の操作だけでなく、実務レベルでのビジネス文書作成能力が試される日本商工会議所主催の実技試験です。
日商PC検定
データ活用
表計算ソフト(Excel)を使った本格的なデータ分析を行うためのシート作成技術が問われる日本商工会議所主催の実技試験です。
ITパスポート試験
経済産業省認定「情報処理技術者試験」のスキルレベル1に相当する国家試験。社会人として必要な情報処理知識が問われる試験です。
【2年次】基本情報技術者
基本情報技術者 修了認定試験
(経済産業省)
情報処理技術者としての基本知識が問われる国家試験であり、認定科目修了後、午前試験が免除されます。6月、7月に実施される修了試験で全員合格を目指します。
基本情報技術者
(経済産業省)
4月・10月に実施され、通常は午前・午後の両方の受験が必要ですが、修了試験合格者は午前試験が免除され、午後試験対策に集中することで、合格率を上げていきます。
必要なのは「やる気」だけ!!
覚悟を決めたあなたを全力サポート

コンピュータ・情報処理技術(IT)の専門知識・技術を学ぶ本科では、情報サービス産業(ソフトウェア開発企業)で、プログラマ・システムエンジニアとしての就職が目的です。そのために「学校を休まない」「どんなことも一生懸命に取り組む」という約束を、学生全員が担任としています。
なぜ、このような約束が交わされているのかというと、講師全員が全力で学生と向き合い、目標達成の為に指導を続けるためです。最後まであきらめない気持ちと、熱血指導が重なった時、爆発的に才能が開化すると信じています。
勉強が得意じゃない、成績が悪いという方も、2つの約束を守ってくれる限り、専門学校ならではのあきらめない指導を続けます。

キャリアセンターと二人三脚の 連携で就職内定をゲット!!
キャリアセンターには、IT企業の人事担当経験がある専門家が常駐しており、1年次の1月から個人面談を実施し、自己分析から業界研究まで、手厚い指導で自分に合った企業選びを完全サポート。2年次の夏休みまでに、IT業界の就職内定をいただけるように、個別アドバイスを続けます。
情報系とビジネス系 2種類の資格取得を効率よく受験
学んだプログラム技術や、情報処理の知識を、就職活動でアピールするために、資格取得は重要なファクターです。コンピュータ(IT)系・ビジネス系の資格試験を、受験スケジュールに合わせて科目ごとに学習することで、高い合格率を実現しています。
学内イベントに積極参加
「経験」を増やして成長する

総合学院である東京工学院専門学校には、数多くの学科・コースが用意されており、年間を通して数多くのイベントが実施されます。
プログラマ・システムエンジニアを育成する情報システム科では、顧客とのコミュニケーション能力が問われる職業であるため、これらのイベントに積極的に参加し、通常授業では体験できない貴重な経験を重ね、人間として大きく成長するチャンスと考えています。
5月の宿泊研修では、共同生活における仲間への心配りを学び、6月のインターナショナルウィークでは、姉妹校留学生との交流から、国際性の必要性を感じ、11月には学院祭で模擬店を開き、店舗運営や役割分担、お客様へのサービス提供で気を付けることを知り、2月の卒業作品展では、自分の作成したシステムを発表し、プレゼンテーションの難しさとやりがいに気づくというように、それぞれのイベントに目的を持って参加し、普段の学校生活では経験できない貴重な時間を無駄にしません。

PICK UP!

注目のカリキュラム

プログラミング プログラミング
検索システムなど、コンピュータを動かすためのプログラミング言語と応用を学びます。
コンピュータ概論 コンピュータ概論
ITパスポートの資格試験にも直結する、テクノロジーの基礎を学びます。
ネットワーク実習 ネットワーク実習
インターネットやLANの仕組みを、実習を通して学び、ネットワークへの理解を深めます。
国家試験サポート 国家試験サポート
国家試験に向けた特別勉強会、授業以外のサポートも充実。
curriculum

主なカリキュラム

1年次

プログラミング IT技術者に必要なプログラム技術の基礎を、パソコン単体で動作するJavaアプリケーションを使って学びます。ウィンドウ表示のプログラム作成から始まり、データベースの操作を行うプログラムまで、プログラム作成の基本を身につけます。
アルゴリズム プログラムを作成するために、コンピュータにどのような手順で仕事をしてもらうかを考える科目です。情報処理技術者を目指す人は、コンピュータの気持ちになって、仕事の順番を考えられなければなりません。なお、プログラム言語の文法学習、国家試験の対策も行います。
コンピュータ概論 コンピュータのハードウェア・ソフトウェア・ネットワークの仕組みを理解し、IT系資格取得に必要な知識を身につけます。また、国家試験対策として基本情報技術者試験の午前試験免除にも対応しています。1年次でITパスポート、2年次に基本情報技術者の内容を学びます。
就職試験対策 目標である情報系企業への内定を確実にするために、一般教養を再確認する科目です。就職試験で出題される数学・国語を中心に、採用試験突破に必要な知識を学びます。また、作文や論文の書き方や、面接における注意事項も学びます。
ネットワーク概論 現代社会において、コンピュータを使うということは、ネットワーク(インターネット)を使うということです。インターネットはどのようにして世界中とつながっているのか?その仕組みや危険性なども学びながら、正しくネットワークを利用できるIT技術者になるための知識・技術を身につけます。
アプリケーション実習 コンピュータ技術者というよりも、社会人にとって必須能力であるワープロソフトを使ったビジネス文書の作成と、表計算ソフトを使ったデータ分析資料作成に関する技術を学びます。目指す検定試験は、実践的なアプリケーション操作能力を問う日商PC検定の合格を目指します。
HTML実習 ネットショッピングなどのWebシステム構築に必要であるWebページ作成技術を、Webページ作成ツールを使わずに、HTMLのタグ、CSS(スタイルシート)を記述し、HTMLの文書作法から学びます。また、実力確認の為にWebクリエイター能力認定試験にも挑戦します。
ビジネスマナー 社会人として常識であるビジネス用語や、ビジネスシーンにおける取るべき行動などを学び、ビジネス能力検定で実力確認をします。また、履歴書の書き方や注意事項も学びます。
英語Ⅰ インターネットで、世界中とつながっているコンピュータの世界で、英語を避けて通ることはできません。簡単な英会話を実践形式で行いながら、リスニングの訓練や、ライティング、リーディングなど、英語の苦手意識を無くすことが目的の授業が行われます。
データベース ソフトウェア開発において、欠かすことのできないデータベース技術を、MySQLを使って学びます。データベースの検索から、構築(データの追加・更新・削除)まで、データベース操作に必要な記述文の書き方を学びます。
マナープロトコール 冠婚葬祭や食事のマナー、四季折々の日本の節句など、日本人として知っておくべき常識を再確認し、社会に出ても恥ずかしくない立ち居振る舞いを身につけるための授業です。また、マナー・プロトコール検定にも挑戦し、学んだ知識の確認を行います。

2年次

応用プログラミング 1年次に学んだプログラミング、データベース、HTMLの技術を使い、ショッピングサイトといったWebシステム構築するための、JSP/サーブレットを学びます。卒業までに、IT業界に就職しても、恥ずかしくない最低限の技術を身につけます。
システム設計 情報処理技術者に必要となる、システム開発の開発工程と手法を学びます。また、国家試験である基本情報技術者試験のシステム開発部分の知識を網羅し、資格試験対策としての役割も含みます。
プレゼンテーション コミュニケーション能力の一つである、プレゼンテーション技術を身につけます。この力をつけることで、仕事だけでなく、人生そのものが豊かになります。話し方や聴き方を学び、発表を中心とした授業を行います。
ネットワーク実習 1年次に学んだネットワークの知識を活かし、Linux環境でのネットワーク構築やネットワーク設定、そして、各種サーバ構築とサービスの設定を学習します。また、UNIX系OSの操作を経験します。
セキュリティ概論 セキュリティの考え方から、GMITSとは、PDCAサイクルについて、C.I.A.とは、個人情報保護法について、ISMS、ファイアウォールの構築についてといった、IT技術者が意識しなければならないセキュリティについてを学習します。
経営・戦略 国家試験に出題される、ストラテジおよびマネジメント分野で出題される用語や知識を深く掘り下げ、覚えた用語の役割を理解する。また、IT企業のみならず多くの企業でも必要とされる経営・戦略の基礎知識の理解を目標に学習を進めます。
資格試験対策 国家試験「基本情報技術者」の合格を目指すため、e-Learning教材を使った講座を受講し、午前試験の免除が許可される「修了試験」合格を目指します。また、CASL言語の実習授業も行い、午後試験の対策も行います。
応用アプリケーション実習 ソフトウェア開発において利用されるデータベース構築のアプリケーション操作を学び、データベースをより簡単に扱うためのコツや、システム開発における利用例について学習します。
英語Ⅱ 1年次に引き続き、英語の苦手意識克服を目指します。国際交流イベントに参加し、自身の英語レベルや、英語の必要性を認識し、今後自主的に英語を学ぶ気持ちを持ってもらうために授業を行います。
TIME SCHEDULE

時間割例

1年次

 
1限目
9:10 - 10:00
英語Ⅰ 一般教養(数) マナープロトコール ビジネスマナー プログラミング
2限目
10:10 - 11:00
英語Ⅰ 一般教養(数) マナープロトコール ビジネスマナー プログラミング
3限目
11:10 - 12:00
HTML実習 一般教養(文) プログラミング アルゴリズム プログラミング
4限目
12:10 - 13:00
HTML実習 一般教養(文) プログラミング アルゴリズム  
5限目
13:10 - 14:00
    自由選択   データベース
6限目
14:10 - 15:00
プログラミング コンピュータ概論 自由選択 アプリケーション実習 データベース
7限目
15:10 - 16:00
プログラミング コンピュータ概論 自由選択 アプリケーション実習 ネットワーク概論
8限目
16:10 - 17:00
プログラミング コンピュータ概論 自由選択 アプリケーション実習 ネットワーク概論

2年次

 
1限目
9:10 - 10:00
データベースソフト実習 経営・戦略   システム設計 ネットワーク実習
2限目
10:10 - 11:00
データベースソフト実習 経営・戦略   システム設計 ネットワーク実習
3限目
11:10 - 12:00
英語Ⅱ 資格試験対策   プレゼンテーション ネットワーク実習
4限目
12:10 - 13:00
英語Ⅱ 資格試験対策   プレゼンテーション  
5限目
13:10 - 14:00
    自由選択   セキュリティ概論
6限目
14:10 - 15:00
応用プログラミング 応用プログラミング 自由選択 応用プログラミング セキュリティ概論
7限目
15:10 - 16:00
応用プログラミング 応用プログラミング 自由選択 応用プログラミング 応用プログラミング
8限目
16:10 - 17:00
応用プログラミング 応用プログラミング 自由選択 応用プログラミング 応用プログラミング

工学・情報系 学科

  • 建築学科 建築設計コース・建築工学コース・福祉住環境デザインコース
  • インテリアデザイン科 インテリアデザインコース
  • 情報システム科 情報システムコース
  • 電気電子学科 電気工学コース・電子技術コース
  • 航空学科 パイロットコース